KYOEI Astronomical Observatory Dome MAUNA-KEA (マウナケア) スライディングルーフ

HOME > GFRP2.0 > 仕様・標準価格表

仕様・標準価格表

ゆとりある快適な空間パーソナルフォームGFRP
  • 販売価格:¥598,000(税別)・¥645,840(8%税込)
    ※ドーム本体価格とは別に、
    「送料」・「基礎工事費」・「出張工事費」などの諸費用が必要です。
    ※詳しくは下記をご参照ください。

GFRP2.0 詳細

主な仕様
ドーム部 観測室部 全体
全高 1350mm 全高 1960mm 全高 2181mm
全幅 2000mm 全幅 1960mm 不動点高 1230mm
ドーム最大径(内径) 1994mm 観測室内径 1954mm 重量 約98kg
スリット開口幅 600mm 観測室内高 903mm    
天頂部開口長 94mm 扉寸法 750mmX800mm    
 視界 0°~94° 重量 約40kg    
 重量 約58kg アンカー固定部 底部スカート円周上12箇所    

GFRP 2.0 気になる諸費用は?

  • GFRP2.0ドームを導入していただくためには、GFRP2.0ドーム本体価格以外に、下記のような諸費用が必要となります。
  • 「キット化」された本製品の場合、いくつかの項目はお客様ご自身の手で行うことが可能です。費用の節約になりますのでぜひご相談ください。
経費(費用)名称 具体的な費用 必要/不要
GFRP2.0ドーム本体 ¥598,000(税別)・¥645,840(8%税込)
製品の本体価格です
必要
製品送料 38,000円~(お届け地域によります)
当社指定製造工場から、設置場所までの送料です。
必要(※1)
基礎工事費 120,000円~
ドームを設置する基礎部分の工事費用です。
必要(※2)
出張工事費用 50,000円~(1日)
当社スタッフにて設置作業をさせていただく場合の費用です。
節約可(※3)
クレーン車
チャーター費用
30,000円~(1日)
ドーム設置場所が2階以上などで、人力で持ち上げることが不可能な場合
節約可(※4)

※1 当社指定製造工場(新潟県六日町)まで取りにお越しいただける場合は節約可能。
※2 新築家屋に設置・既存家屋に設置・庭などの地面に基礎工事の後設置などの状況によって基礎工事費用はかなり幅が生じます。
※3 当社スタッフが設置工事にお伺いする場合の費用(交通費・宿泊費などの諸費用)です。全てご自身の手で設置される場合には節約可能です。(ドリルなどの工具があり、コンクリート基礎へのアンカー固定なども個人様で可能な場合)
※4 軽量で大人3人で簡単に持ち上がりますので、「庭などの地面に設置」などの場合は基本的にクレーン車は必要ありません。

■ 望遠鏡を含めた導入例のケース
  • GFRP2.0ドームを導入する際にかかる費用を、具体的な例で試算したシミュレーションです。ここでは、内部に納める天体望遠鏡も同時新調したケースとしています。
各種想定状況
  • 設置地域(ドーム送付地域)…東京都下
  • 設置場所…既存鉄筋コンクリート家屋屋上
  • 設置工事…当社スタッフにて設置(出張工事)
経費(費用)名称 具体的な費用 備考
GFRP2.0ドーム本体価格 ¥645,840(8%税込) ¥598,000(税別)
製品送料 58,000円  
基礎工事費(※1) (200,000円) ※当社からの費用のご請求はございません。
出張工事費用 51,430円  
クレーン車チャーター費用(※2) 30,000円  
セレストロン CPC1100GPS(口径28cm) 550,800円(8%税込) ※望遠鏡モデルは一例です
望遠鏡設置費用(※3) サービス  
望遠鏡一括特別値引き(※4) ▲36,070円  
総額 1,500,000円(内当社ご請求額 1,300,000円) 

※1 事前に最寄の工務店様等にてご準備いただきます。当社からのご請求には等費用は含まれません。
※2 基本的には当社にて手配させていただきます。
※3 経緯台式望遠鏡のピラー脚をアンカー固定するだけのような場合はサービスにて固定させていただきます。
赤道儀式の望遠鏡で、正確な極軸設定などが必要となる場合は、極軸調整費用をいただく場合もございます。詳しくはお問い合わせください。
※4 望遠鏡まで一括でお求めいただける場合など、特別値引きをさせていただくことができる場合がございます。お気軽にご相談ください。

■ 追工事が必要な場合について

以下の状況の場合、ドームを設置するために、標準的な工事費用以外の費用が発生します。

  • 設置場所にドームを搬入する際、クレーン車が必要な場合
  • 設置しようとする場所が、コンクリート等の丈夫な床状でない場合。
    (例:土の地面・屋上になっていない平屋根・防水シートの屋上)
  • アンカーボルトを固定するための穴が開けられない場合。
    (例:建物の防水上の問題)
  • 設置工事の際、現場までトラック(4t車)やクレーン車が入れない場合。
  • ドームや望遠鏡の重量に耐えられない建造物の場合。

状況 追工事(追加費用の具体例)
人力で運び上げられない屋上や
テラス・ベランダの場合
建物の大きさに応じたクレーン車を手配
3万円~10万円程度。通常は5万円以内程度
コンクリート等の丈夫な床状でない場合 取付用の鉄板やベース板を別途製作して、
搬入時現場取付か現地で事前に製作・施工
5万円~20万円程度
平坦な床状でない場合又は
アンカーボルトが施工できない場合
予めコンクリート製の基礎を現地で製作(直径2.2m 高さ20cm程度)
10万円~30万円程度
屋上でない屋根などに載せたい場合 建物そのものに改築工事が必要
建築業者さんに見積依頼必要
新築の建物に取り付ける場合 設計段階など出来るだけ早い内にご相談下さい
(建築工法に応じた施工法を提案いたします)
建築業者さんに見積依頼必要
(改築の場合よりも安価に可能)