KYOEI Astronomical Observatory Dome MAUNA-KEA (マウナケア) スライディングルーフ

HOME > GFRP2.0 > 主な特徴

GFRP2.0 主な特徴

ゆとりある快適な空間パーソナルフォームGFRP
  • 販売価格:¥598,000(税別)・¥645,840(8%税込)
    ※ドーム本体価格とは別に、
    「送料」・「基礎工事費」・「出張工事費」などの諸費用が必要です。
    ※詳しくはこちらをご参照ください。

GFRPの特性

(1) 強度

強度は鉄には及びませんが、アルミと同等か、やや上回る程度の強度を有します。
比重が鉄の1/4、アルミの約65%であることを考えると、軽くしかも強くという目的においては非常に有効な素材であると言えます。
例えば同じ重量なら鉄の約2.8倍の強度を有し、同じ強度なら鉄の60%以下の重量でとなります。

【GFRPと金属の物性比較】 GFRP アルミ
比重 1.8 7.8 2.7
【同強度での重量比較】 GFRP アルミ
引張り強さ (kgf/mm2) 13 20 14
曲げ強さ (kgf/mm2) 17 20 14
【同強度での重量比較】 GFRP アルミ
厚み(mm) 2.5 1.0 1.45
1m2当たりの重量 4.5 7.8 4.0


強度は鉄にはやや劣るが、アルミと同等以上の強度

(2) 耐久性

GFRPは、酸にもアルカリにも極めて強く錆などの発生はありません。
海岸付近でも塩害の影響などは受けず、また酸性雨の影響も受けません。
ステンレスなどと比較しても、錆や浸食に対しては圧倒的に有利な素材です。
非常に長期的な見方をすると、塗装表面は劣化してゆき表面にクラックが発生することも考えられますが、素材そのものはほとんど劣化しません。

【錆や浸食に対する特性】
  GFRP アルミ
耐食性 ×

(3) 断熱性

GFRPは小さな熱容量と鉄やアルミの1%以下とうい極めて低い熱伝導率により、高い断熱効果があります。
夏期にはドーム内部の温度上昇を抑えることができ比熱も小さい為に、ドーム内気流は金属製品に比較すると短時間で治まると考えられます。
「GFRP2.0 ドーム」は素材の厚みと回転部の隙間がある事から、完全にはドーム内面の夜露の付着は防げませんが、結露防止効果は金属ドームよりも高くなります。

  GFRP アルミ
熱伝導率 (kcal/mh℃) 0.18 40 150


熱の伝導率は金属と比較して圧倒的に小さい

(4) 臭気

GFRPには独特の臭気が発生します、これは不飽和ポリエステルが完全に硬化していない為で、硬化促進中であるため発生する臭気です。 通常は約半年ほどで、臭気の殆どは消えることが多いのですが気温が高いと反応が早く、低いと反応が遅いため季節や設置地域によって一概には言えません。

(5) 可燃性

「GFRP2.0 ドーム」の素材はFRP 素材ですので可燃性ですので、一般に火気は厳禁です。簡単には着火いたしませんが一応の注意は必要です。

(6) メンテナンス

「GFRP2.0 ドーム」そのものは基本的にメンテナンスフリーですが、ユーザーが誤ってFRP素材を破損させてしまった場合は有償で補修が可能です。外装の汚れは自動車用の洗剤やワックスなどをご使用いただけます。